【2020最新】web会議の種類・比較・考察

アプリケーション

そもそもWeb会議とは?

遠隔地点の相手と音声通信やビデオ通信によるコミュニケーションを実現するツール。音声やビデオ通信以外にもテキストチャットや、PCの画面共有、ファイルの送受信などの機能を有するツールである。

では2020年4月末現在、どんなweb会議ツールがあるかいくつか列挙してみます。

Skype( 日本マイクロソフト株式会社 )

コンセプトはビデオ通話。 無料で使用可能。個人アカウントを必要とし、人数が増えるにつれ回線が不安定になる事がある。最大25名接続可能。アプリのインストールが必要。録音可能。ホワイトボード共有機能なし。背景ぼかし可能。

公式ページはこちら( https://www.skype.com/ja/

使い方動画の紹介はこちら(動画時間 約7分)

Skype(スカイプ)の使い方。Windows10。入門。設定【音速パソコン教室】

Meet Now ( 日本マイクロソフト株式会社 )

Skypeから新しくビデオ会議機能が追加。ホスト以外のアカウントやアプリインストール不要。

無料で使用可能。画面共有可能。背景ぼかし可能。録音機能あり。会議室を複数作成可能。ブラウザはEdgeとChromeのみ対応(他ブラウザ現在使用不可)人数が増えると回線不安定あり?

公式ページはこちら( https://www.skype.com/ja/free-conference-call/

使い方動画の紹介はこちら (動画時間 約8分)

ワンクリックビデオ会議 登録不要 アプリ不要 URLとブラウザだけでできる! 【Skype Meet Now】

Zoom( Zoom Video Communications)

無料と有料プランがあり。参加するためのアカウント不要。アプリのインストールも不要。 主催者からのURL通知をクリックすると自動的にZoomが起動し会議に参加可能。 最大50名。無料版は3人以上連続通話は40分まで(ホストが約2000円程払えば上限撤廃)。ホワイトボード共有可能。録音は有料。背景カスタマイズ可能。

現在急速に利用者拡大中だが、 データセキュリティとプライバシーの問題でアメリカでは使用を禁止している所もあり。(今後解消される可能性は0ではない)

公式ページはこちら( https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

使い方動画の紹介はこちら (動画時間 約23分)

【最新版】Zoomの使い方を分かりやすく解説。テレワークやオンラインミーティングで必須のZoomの基本的な使い方から応用まで。 ロックダウン中のマレーシアより解説

Cisco Webex Meetings ( シスコシステムズ合同会社 )

無料版はビデオ会議機能のみ。1つの会議に24時間、最大100人まで参加可能。

録音や共有機能は有料版から~月額約1500円程で利用可能。支払いはホストの方のみでOK。背景変更可能。

公式ページはこちら( https://www.webex.com/ja/video-conferencing.html

使い方動画の紹介はこちら (動画時間 約13分)

【保存版】Webex Meetingsの一番わかりやすい使い方。これさえ見ておけば、すぐに利用できます! 無料テレビ会議のおすすめサービスです!

Google ハングアウト Meet( Google)

無料なし。従来のGoogle ハングアウトからの移行でハングアウトMeetが開始。アカウントの作成は不要。どのデバイスも可能。G Suiteの一部機能のため有料( Basic 月680円~)。参加人数Basicプラン最大25人。録画は最上プランから可能。 背景カスタマイズ可能。

【新型コロナ緊急対応】ハングアウトMeetのプレミアム機能が全てのG Suiteで使用可能に!(2020/9/30まで無償提供)

※2020年5月以降無料になる可能性あり。

公式ページはこちら( https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/meet/

使い方動画の紹介はこちら (動画時間 約11分)

Google Meetの使い方:遠隔授業やテレワークに!Google認定トレーナーが解説【Google Meet ✕ Googleカレンダー】

Microsoft Teams ( 日本マイクロソフト株式会社 )

またまたマイクロソフトの製品ではありますが・・Office 365アプリケーションの一部機能で使用可能。ただ、Office365を購入しなくても無料でTeamsのみも可能。機能として画面共有や背景カスタマイズ可能。最大250人接続可能。アカウント必要。アプリインストール不要

公式ページはこちら( https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/group-chat-software

使い方動画の紹介はこちら (動画時間 約13分)

【保存版】Teamsでテレビ会議! 12分で基礎から理解! Teamsのテレビ会議機能を中心に紹介します。

いかがでしたでしょうか。

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が急増しweb会議システムの需要が高まっています。

各種メリット・デメリットがあり、また使用者側の人数等によって使いやすいツールが異なりますので、まずご自身の使用環境を確認しながら使用してみて頂ければと思います。

管理人からは少人数(5人以下)は「Meet Now」10人以上は「Microsoft Teams」かなと思います。Zoomはセキュリティ面の心配がまだ大きいです。Googleもよくツールが変更されるのでずっと同じ製品が使えるか不明です。ただMicrosoft製品もセキュリティが強固かというとそうでもないので一長一短ありますが、慎重に選んで活用していきましょう(;^ω^)!

コメント

タイトルとURLをコピーしました