5月5日こどもの日の過ごし方

子育て

こどもの日は別名端午の節句。

端午の節句はもともと中国から伝わったもの。ちなみに「端午」の「端」は初めという意味、「午」は五に通じるということで、5月初めの5の日を表しています。もちろん、当初は旧暦の5月5日が端午の節句でした。

端午の節句が伝わった奈良時代、邪気を払うとされていたしょうぶ(菖蒲)を風呂に入れてしょうぶ湯にしたり、よもぎ(蓬)とともに軒に挿したりしました。

また、中国では5月5日の節句に屈原という高名な詩人にまつわる故事に基づいて、「ちまき」を食べるという風習があり、日本でも同様に、ちがや(茅)で餅をくるんだ「ちまき」を食べるようになったのです(今は笹も使用)。

この頃はまだ男の子の節句という意味合いはありませんでした。

男の子の祝いになるのは江戸時代からです。
政治の中心は京都から関東・江戸へ。菖蒲と尚武(武事・軍事を尊ぶこと)の音が一緒であることで、しょうぶ湯や軒挿しをする5月5日は男の子を祝う祭事へと変わっていきました。

幕府では将軍に男の子が生まれると馬印(武将が戦場で自分の存在場所を示すために掲げる長柄に印をつけたもの)やのぼりを立てて祝いました。
やがて一般庶民の間でも、男の子のために武者人形を飾ったり鯉のぼりを飾るようになり、端午の節句は、男の子が強く育つように祈りを込める日となりました。

これが今も引き継がれて、5月5日が男の子の節句になったのです。

現在はこども全般をさしたり母親に感謝する日とも捉えられているそうです。

こどもの日は何をする?

鯉のぼりの作り方

動画はこちら 動画視聴時間 約3分

兜の作り方

動画はこちら 動画視聴時間 約3分

【かぶとの作り方】 分かりやすく説明します♪折り紙

菖蒲湯に入ろう

動画はこちら 動画視聴時間 約1分

端午の節句は「菖蒲湯」に入ろう!

ちまきの作り方<和菓子>

動画はこちら 動画視聴時間 約22分

【手作り和菓子】失敗しないちまきの作り方(くっつかないちまき)

柏餅の作り方

動画はこちら 動画視聴時間 約2分

「柏餅」の作り方 こどもの日のレシピ | 梶山葉月の伝えていきたい基本の和食

子供には強く、健やかに育ってほしいですね!また産んで育ててくれた母親にも感謝しつつ、楽しく過ごしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました