マネージャーに必要なマネジメント力とは

スキル

みなさんこんばんは!

リトルパパです。

今回紹介するマネージャーは経営者や管理職といった方を主に指します。

しかしながら、管理職になってから必要というわけではなく、管理職等になるために必要なスキルとお考え下さい。

必要なスキルがあると判断されマネージャーに上がっていく事になります!

全くスキルがない人にとりあえず上にあげてからスキルを鍛えようとはなかなかなりません。

今回マネージャーに必要なマネジメントスキルを、主に3つのスキルに分けて考えていく事とします。

ヒューマンスキル(対人関係)

テクニカルスキル(専門性

コンセプチュアルスキル(万能)

上記3つは、ハーバード大学教授のロバート・L・カッツ(Robert L. Katz)氏の「カッツ・モデル」という考えからきております。

3つめのコンセプチュアルスキルについては、他「ポータブルスキル」という言い方をされている方もおられます。社会人としてあらゆる場面に遭遇し、答えのない問いを解決していかないといけません。学生とは異なる社会人特有のスキルと言えるかもしれません!

では早速3つのスキルについて解説していきましょう。

「テクニカルスキル」

簡単にいうと業務遂行能力!

最低限の仕事をこなす確実に仕上げる能力。

基本的な能力と言えるでしょう。

「ヒューマンスキル」について

文字通りとなりますが、コミュニケーション能力!

基本的に1人で仕事はできません。会社のスタッフや得意先等あらゆる人と対応する必要があります。

緊急な場合は電話を使う事がありますので、人と話す事は避けられないでしょう。

「コンセプチュアルスキル」について

見慣れない言葉ですが簡単にいうと対応力!

所属部門の問題、上位からの課題に対処。

限られた時間、あいまいな情報の中で適切な対処。

新しい仕事をゼロから立ち上げる。部下の育成等多岐にわたります。

経営者に近づくほど”コンセプチュアルスキル”は重要となっていきます。

そのため、処理能力が早いだけでは管理職に上がっても自分で全てをしょい込んでしまい、結果的に部下も育たず所属部門として結果をうまく残す事が難しくなってしまいます。

それまでの考え方や働き方を都度見直してグレードアップしていく事を心掛けていきましょう!

スキル向上やカッツモデルの説明は下記も視聴してみてください!

動画視聴時間 約15分 投稿者:酒井翔平/ウェブマーケティング転職支援

優秀で出世したはずの人が急に仕事ができなくなる時の原因 【カッツモデル】

では、今日はこの辺で、また明日~(^.^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました